テニスはやっぱり奥が深い!どんな時も諦めるな!


みなさんこんにちは!

最近、タワーのチャンスマッチがスタートして、5勝するとガチャptが100もらえるようになっています!

今回のタワーも早くもラストスパートですね!僕はしばらくはシングルスは隠居したいので、ガチャptのために走っています!笑

それでもシングルスから離れすぎないように気をつけています!鈍ると大変なので…

さて、シングルス・ダブルスにおいて「コースを狙って打つ」というのは必須事項になりますが…

みなさんは「このコースなら絶対決まる!」という時、決まれば…どうですか?

僕なら当然「よっしゃー!」と喜んじゃいます!これは多くの人が共感してくれるかな…?笑

では逆に、決めにいったボールを取られてしまったら!?しかも相手のカウンターとなってしまう…

そんな時「うわマジか!」ってなるのが豆腐メンタルの僕です!笑

でもそれならそれでまた返すしかないですよね!

ラリーが続く限りはボールを追う!

当然、あまりにも早い鋭角ボレーだとキツイですが…

今回何が言いたいのかというと…

どのコースにも決まった時のメリット・取られた時のデメリットが存在する…ということを言いたかったのです!

ダブルスならば…後衛同士のラリー中、後衛に返したつもりが前衛が動いた!

そしてボレーをされて失点のピンチ…!

こうした時に前衛が動いた瞬間に後衛がラインを前に詰めるとボレーが近くに流れてくることがあります!

ボレーを打たれたペアの前衛もフォローする心構えがあれば失点を防げる可能性が高まります!

つまり!常にここでボレーされたらどこに打たれるか?を考えて動くと取れるボールが多くなります!

攻めも守りも熟知すれば熱いラリーができますよ!

もう実践している方も多いと思いますが、今一度こういった考え方もあるなぁと思ってくれれば嬉しいです!

IMG_8604

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です